ツボを刺激して脚やせ

もしかして貴方はこれまで間違ったダイエット方法を毎日にように繰り返して実践していませんか?
それでは確かに体重を減らすことは出来たとしても、リバウンドとの戦いになりかねるのでエステに相談をしてみましょう。 毎日継続することで脚やせ効果に繋がってくるのがツボ押しですが、脚やせとして即効性はあまり期待することが出来ませんがオススメです。
ツボを押してあげることで、体内の血行が良くなったり、さらには新陳代謝が良くなることでしょう。

 

セルライトなどといった頑固な脂肪によってツボを押す部分が固くなってしまっている場合も多くみられます。
そんな時にはボールペンの先にガーゼを巻くなどして刺激してあげると指が痛くならずピンポイントでツボを押すことが出来ます。
疲労物質の蓄積が減少しますので、効果的なツボを押してあげることで血行が改善し、その結果足のむくみを解消させます。
そんなツボの押し方についてですが両手の親指でグっと力を入れて押すようにしてください。



ツボを刺激して脚やせブログ:28 5 19

よく減量中は
ご飯の回数を減らしたほうがいい…
と考えている方がいますが、
それは大きな誤解です!

減量中だからこそ、
一日3食食べたほうがいいんですよ!

どうして一日あたりの食事の回数を減らすのが、
減量上よくないのかというと…

例えば、
ご飯の回数を一日2食に減らしたとします。
こうすると普段より1食少ないので
それだけで痩せた気になります。

しかし実際は
他の2食のご飯量が多くなってしまったり、
1食抜いた安心感から間食をしてしまったり…
結局は一日トータルの摂取カロリーは
普段より多くなってしまいがち…

また、
一日の摂取カロリーが一緒なら、
2食よりも3食で摂取したほうが
体脂肪ははるかにつきにくいといわれています。

それは
ご飯とご飯の間があくと、
身体の中に栄養分を蓄えようとするからです。

つまり、
ご飯が不規則だったり回数が少ないと、
いつ次に栄養を摂れるか判らないと判断しているんですね。

なので、
一日1800カロリーなら、
900カロリー×2食で摂取するよりも、
600カロリー×3食で摂取したほうが
身体に脂肪がつきにくいってことになるわけです。

「朝はどうしても食べる気にならない」っていう人も、
ヨーグルトやシリアルといった軽いものでいいので
食べるようにしてみてくださいね。

こうするだけで、
身体に脂肪がつきにくくなるので、
結果として減量も上手くいき、
リバウンドの反動も少なくて済みますよ!

朝、少し早起きをして
ご飯を食べるようにするだけで、
減量の成功率がアップする上に、
一日をスッキリした気分で過ごす事が出来るなんて
まさに一石二鳥ですよね!